リサーチ

プレバイオティクス+プロバイオティクス:腸の健康にダブルで働く

プロバイオティクスは、健康に良いと聞いたことがあったり、実際に試したことがある方も多いかと思います。 でも、プロバイオティクスには実際どのような効果があるのか、どうやって摂取したらいいのか、など疑問に思ったことはありませんか? 世の中にはあふれ返るほどの情報や関連商品が出回っていて圧倒されてしまいます。 プロバイオティクスはあなたの健康全体にとても重要です。でもどうやって機能させるのでしょうか? プロバイオティクスは、プレバイオティクスと呼ばれる食物繊維の一種を栄養源としています。 プレバイオティクスとは生きた菌ではなく、腸内の善玉菌のエサとなります。そして免疫システムを強化し、腸内環境を大幅に改善します。しかし残念ながら、平均的なアメリカの食生活にはあまり含まれていません。いつもの食事にプレバイオティクスをプラスすることで、プロバイオティクスと一緒に働いて効果を劇的にアップさせます。 プロバイオティクス食品は、腸内健康、そして体全体の健康においてとても重要な役割を果たします。プレバイオティクスはプロバイオティクスの働きを促進し、健康効果をさらにアップさせます。ヘルシーな食生活にこの2つを取り入れることで、よりいっそう健康な体を手に入れましょう。 プレバイオティクスとは?

いつまでも若々しく元気でいるための秘訣

「血管年齢」って聞いたことありますか? 一般的に血管は加齢とともに硬くなっていきます。「血管年齢」は血管の硬さが何歳に相当するかを表します。あなたの実年齢が血管年齢と同じとは限りません。 「血管力」とは? 血管に柔軟さや弾力があり、血管の内壁がなめらかで、血液をスムーズに巡らせる力のことを「血管力」と呼びます。血管年齢が高いと動脈が詰まり、心臓発作を引き起こす原因になります。 一酸化窒素(NO)で「血管力」アップ! 一酸化窒素(NO)は、血管の内側を覆い血液に直接触れている「血管内皮細胞」と呼ばれる細胞から放出されます。この一酸化窒素には、血管を拡張、柔軟にすることで動脈硬化や炎症性疾患を防ぐ作用があります。「血管力」が高いと、血管内皮細胞から一酸化窒素がたくさん放出され、プラークの形成や血栓を予防します。 カシスアントシアニンで血管内の一酸化窒素が増加! 内皮細胞の一酸化窒素放出を活性化させるカシスアントシアニン